加賀計算センター行動計画

経営理念とは・・・

自社経理のススメ

会社の経営について

古い弥生会計のデータ をコンバート致します

会社情報

4月26日開催!経営革新を進めている会 基調講演(加藤 俊宣 氏)申込受付中

勘定科目全集

投資有価証券の他投資等として処理されるのは、出資金、長期貸付金、更正債権、差入保証金、長期性預金、長期前払費用、保険積立金などが挙げられます。以下これらについて説明します。

出資金

出資金として処理されるのは、有限会社、合名会社、協同組合などの持分です。またゴルフ会員権もこの勘定で処理されます。これらを投資有価証券として処理することもあります。経理上は、いずれでも良いのですが理論的には出資金が正しいです。

【例】 ゴルフクラブの会員権を取得した。代金は、現金で支払った。
→現金出納帳で入力、相手科目は出資金とする。

長期貸付金

長期貸付金として処理されるのは、貸付金のうち決算期末の翌日から起算して1年を越えて返済を受けるものです。ここで注意する点は、売掛金や受取手形に、この1年基準の考え方がありませんので、区別しないようにしてください。

【例】 3年の分割返済の約束で、取引先に小切手を振り出して貸し付けた。
→預金出納帳の当座で入力、相手科目は長期貸付金とする。

更正債権

売掛金などは、長期でも貸付金のように区分をしません。しかし取引先が会社更生法など適用を受けた場合には、一般の売掛金と区別して処理することが原則的な取り扱いとなっています。

【例】 得意先が会社更生法の手続きを申請し、売掛金の長期棚上げが確定した。
→売掛金から更正債権へ勘定科目を変更する。つまり売掛金の減少、更正債権の発生という入力になります。変更の方法は、売掛帳の回収金額の欄に入力(回収欄は、売掛金の減算を意味します。)相手科目は、更正債権とする。

差入保証金

差入保証金として処理されるのは、営業上の保証金、建物を賃借する際の保証金や敷金などです。なお、保証金の処理ですが、「明け渡し時に20%を償却する。」など全額返還されない契約があります。この場合の処理ですが、その返還されない金額なるべく区別した方が良いので、勘定科目は権利金として処理をして、決算で5年間にわたる経費として1/5ずつ償却していきます。

【例】 建物を賃借し、敷金を小切手で支払った。なおこの敷金は、5年後の契約期間満了後80%を返済される。
→預金出納帳の当座勘定で入力。相手科目は、80%部分を差入れ保証金として入力し20%部分は、権利金として相手科目を入力する。

長期預金

長期預金として処理されるのは、預金のうち決算期末の翌日から起算して1年を越えて満期が到来する預金です。通常は、定期預金や貸付信託がこれに該当します。

【例】 当座預金から2年満期の定期預金へ振り替えた。
→預金出納帳の当座勘定で入力。当座預金の払い出し欄に定期預金とした金額を入力。相手科目を定期預金とする。

長期前払費用

長期前払費用として処理されるのは、前払費用のうち決算期末の翌日から起算して1年を越える費用です。具体的には、保険料や借入の際に支払う信用保証会社への保証金が挙げられます。

【例】 火災保険料を、5年分現金で一括払いをした。
→現金出納帳で入力。相手科目は、長期前払費用とする。

保険積立金

保険積立金として処理されるのは、満期返戻金などのある法人契約の保険料です。ここでの注意点は、支払った保険料のうち保険積立金として資産になる部分と保険料として経費になる部分を分けて入力しなくてはならない点です。保険契約の時に、必ず保険会社に聞いて確認してください。

【例】 法人契約の保険に加入し第1回目を現金支払った。なおこの保険料のうち半分は資産として計上する部分であった。
→現金出納帳で入力。相手科目は、資産となる部分は保険積立金として入力し、後の部分は、保険料として入力する。

 

私たちの日常は弥生会計、会計王、ツカエル会計、弥生給与といった市販の会計ソフトを使ったお客様の所へ訪問することから始まります。
経理の処理に誤りはないか、勘定科目は正しい使い方をしているか、などのアドバイスをはじめ、その数字に基づいた経営相談や様々なご相談に応じております。
ここ数年はコンサルタントの先生とも協力して、経営方針のアドバイスや経営を真摯に学びたい会社様を対象としたセミナーを年間通じて開催しております。
私たちは経営を真摯に考える経営者の皆様に寄り添って伴走し、お客様のビジョンを実現するお手伝いをしています。

対象エリア:柏市、野田市、我孫子市、流山市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、土浦市、つくば市、守谷市、竜ケ崎市、三郷市、八潮市、東京23区

閉じる