加賀計算センター行動計画

経営理念とは・・・

自社経理のススメ

会社の経営について

古い弥生会計のデータ をコンバート致します

会社情報

4月26日開催!経営革新を進めている会 基調講演(加藤 俊宣 氏)申込受付中

勘定科目全集

前受金

前受金とは、商品などの売上に際して代金の一部又は全部を前もって受けとったときに、その前受けをした金額を処理する勘定科目です。建設業では、未成工事受入金勘定が用いられます。

前受金は、商品の発送前に代金を受け取っていますので、売上ではありません。しかしこれが頻繁に取引として起きる場合には帳簿での管理が非常に面倒です。そこで簡便法として、売掛帳に直接入力してしまう方法があります。この場合、金額のマイナスは、前受金を意味しプラスは売掛金を意味することになります。

【例】 A商店から商品代金の一部を現金で前受けした。
→原則処理 現金出納帳で入力。入金欄に金額を入力。相手科目は、前受金とする。
→例外処理 現金出納帳で入力。相手科目は売掛金のA商店勘定とする。

【例】 A商店に商品を発送した。
→原則処理 売掛帳のA商店勘定で入力。売上代金の金額を入力。相手科目は、売上とする。次に売上代金の一部を前受けで入金しているので、売掛金のA商店勘定の残高を、前受金を差し引いた残りの金額に修正をする。方法は、売掛金のA商店勘定の回収の欄に前受金額を入力。相手科目は、前受金とする。
→例外処理 売掛帳のA商店勘定で入力。金額は、売上金額を入れ相手科目は、売上とする。

PAGE TOP

前受収益

前受収益とは、一定の契約に従い継続してサ-ビスを行う場合に、まだサ-ビスを行っていない対価について支払いを受けた場合に処理する勘定科目です。

前受収益は、決算処理の時にしか使われない勘定科目です。継続してサ-ビスの提供を行っているものは、時の経過とともにサ-ビスが行われていきますので、それまではたとえ代金を受け取っていたとしても、収益としては処理はされません。決算では、サ-ビスの未経過部分を翌期の収益として正しく処理するために、前受収益の処理が行われます。

【例】 決算にあたり貸付の受取利息のうち、翌期に対応する部分を処理した。
→総勘定元帳の前受収益勘定で入力。貸方金額欄に金額を入力。相手科目は、受取利息となる。

PAGE TOP

仮受金

仮受金とは、現金の受け入れはあったが、相手勘定科目が確定しない場合又は相手勘定は確定しているが、金額が確定していないときに用いられる勘定科目です。具体的には、出張先より送金があったがその報告を受けていない場合や内容の不明の入金があった場合です。内容が明確になったときに適正な科目に振り替えます。

【例】 出張先の従業員から内容不明の当座振込送金を受けた。
→預金出納帳の当座で入力。相手科目は仮受金とする。

【例】 出張先の従業員が帰り報告を受けたところB商店の売掛金であることが判明した。
→売掛金の回収であったので、仮受金の金額を売掛金のA商店勘定に振り替えます。方法は、総勘定元帳の仮受金勘定で、借方金額欄にその振り替えたい金額を入力して、残高を0にする。相手科目は、売掛金勘定でA商店勘定を選択する。

PAGE TOP

短期借入金

短期借入金は、銀行、取引先などの借入金のうち1年以内に処理される短期的なものを処理する勘定科目です。銀行の借入金では、一旦返済して又借り入れる借り換え取引が有ります。この場合に印紙代や借換手数料、利息を天引きして銀行に振り込まれることが多いです。銀行からの取引明細書を見ながら明確に処理しましょう。

【例】 借入の返済にあたり借換をすることにした。なお返済、借入ともに当座預金で行った。
→まず預金出納帳の当座勘定で入力。相手科目は、短期借入金とする。次に、借入取引を確認のため総勘定元帳の短期借入金勘定で処理します。返済金額と借入金額を確認。天引きされている金額だけ借入金額が、少なくなっているので明細表を見ながら借方金額欄に金額を追加入力。利息部分は、相手科目を支払い利息として入力。印紙代は、租税公課として入力します。

PAGE TOP

未払金

未払金は、固定資産・有価証券など本来の営業取引以外の取引から生ずる債務で、1年以内に処理される短期的なものを処理する勘定科目です。

【例】 機械の修繕費をした。代金は、翌月に支払う事にした。
→総勘定科目の未払金勘定で入力。貸方金額欄に金額を入力。相手科目は、修繕費とする。

PAGE TOP

未払費用

未払費用は、一定の契約に従い継続してサ-ビスを受ける場合に、すでにサ-ビスを受けているが、その対価の支払いが終わらないものを処理するための勘定科目です。

未払費用は、決算処理の時にしか使われない勘定科目です。継続してサ-ビスの提供をうけるものは、支払期日が到来して初めて請求がされます。それまではたとえサ-ビスを受けていても、処理はされません。決算では、この支払期限の未到来の部分を経費として正しく処理するために未払費用の処理が行われます。

【例】 決算にあたり支払期日の来ていない当期分に対応する支払利息を未払費用として計上した。
→総勘定元帳の未払費用勘定で入力。貸方金額欄に金額を入力。相手科目は、支払い利息とする

PAGE TOP

未払消費税

未払消費税は、課税事業者が、納税すべく消費税を決算において負債として計上した場合に使用される勘定科目です。

この未払消費税の処理は、税抜き経理処理をしている会社では、決算処理として不可避なものであるに対して税込み経理処理をしている会社では、決算において処理するか否かは任意になっています。つまり税込み経理処理の場合には、決算時に未払消費税の計上をしても良いし、納税時に租税公課として計上しても良いことになります。

次に未払消費税の決算処理での注意点ですが、納付は100円未満切り捨てですので、必ず端数でます。これを雑損または雑収入として振替処理をしなければなりません。(画面参照

PAGE TOP

預り金

預り金は、従業員からの源泉所得税、社会保険料など一時的に預かっている金銭を処理する勘定科目です。

預り金は、社会保険など一時的なものを取り扱うため常に精算の処理が起きます。よって結構照合が、面倒な勘定の一つです。そこで、パソコンを旨く利用して、売掛金などと同じように補助科目を設定すると良いでしょう。(画面参照)つまり源泉所得税の補助科目と社会保険の補助科目そしてその他あればその補助科目を設定して個別に管理します。

【例】 給料の支払いにあたり源泉所得税及び社会保険料を天引きして支払った。
→この取引の入力方法については、2つ有ります。一つは、一旦給与総額を支払ったものとして入力して、次に源泉所得税及び社会保険料を預かったとして入力する方法です。もう一つは、給与総額の構成は現金等で支払ったものと源泉所得税及び社会保険料として預かったものによって構成されているとして、一つ一つ給与として入力する方法です。これについては、損益計算書の給与勘定で説明します。

【例】 普通預金から社会保険料の引き落としがされた。
→預金出納帳の普通預金勘定で入力。相手科目は、法定福利費となる。つぎに預かりとなっていた従業員負担分の社会保険料の精算をします。総勘定元帳の預り金勘定で入力。借方金額欄に精算する金額を入力。相手科目は、法定福利費とする。

PAGE TOP

仮受消費税

仮受消費税は、消費税の経理において原則課税事業者が税抜き処理をとった場合に使用される勘定科目です。この勘定科目は、決算で未払消費税に振り返られ精算される科目ですので、常に翌期首においては残高が0になります。(画面参照

PAGE TOP

 

私たちの日常は弥生会計、会計王、ツカエル会計、弥生給与といった市販の会計ソフトを使ったお客様の所へ訪問することから始まります。
経理の処理に誤りはないか、勘定科目は正しい使い方をしているか、などのアドバイスをはじめ、その数字に基づいた経営相談や様々なご相談に応じております。
ここ数年はコンサルタントの先生とも協力して、経営方針のアドバイスや経営を真摯に学びたい会社様を対象としたセミナーを年間通じて開催しております。
私たちは経営を真摯に考える経営者の皆様に寄り添って伴走し、お客様のビジョンを実現するお手伝いをしています。

対象エリア:柏市、野田市、我孫子市、流山市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、土浦市、つくば市、守谷市、竜ケ崎市、三郷市、八潮市、東京23区

閉じる