自社計理vs他社委託

コストと時間

一般的には他社委託の方が自社経理よりコストがかかります。
しかし、自社経理のために新たに人を入れなければならないケースは、他社委託の方がコストが低いことが多いです。経理をする専任の人がいないところ、あるいは少ないところでは、他社委託の方が時間をうまく使えるケースが多いのです。

自社経理の場合

  • 一般的に他社委託よりも安価である。
  • 売上、損益などの会社の数値を早く把握できる。

他社委託の場合

  • 自社経理のために新たに人を入れなければならない場合、コストを抑えられることが多い。
  • 経理を専任する人がいない、少ない場合時間をうまく使える。

目的

自己管理に対する考え方・方法の違いで他社委託か自社経理かに分かれます。
自社経理の主な目的は、自己管理です。
自社経理を必要と考えていないケースは、会社の状況をある程度自分で把握していると感じている人に多く見られます。よって、経理の目的を税務申告等の対外的なものと考え、企業の戦略と経理を別個なものと考えていることが多いのです。

自社経理を必要としている考え方

  • 経理の目的は自己管理である。
  • 企業の戦略と経理は密接に関係している。

自社経理を必要としていない考え方

  • 会社の状態をある程度自分で把握している。
  • 経理の目的は税務申告や銀行などへの資料の作成のためである。

他社委託と自社経理の融合

最近の経理ソフト(弥生会計など)は、メイン業務(売掛・買掛)を自社で経理して、その他(経費他)を他社委託にすることを可能にしました。わかりやすく言えば入力業務の分割が可能になったということです。
これによって従来の「他社委託か自社経理か」という選択から、お互いに補完し合う新たな経理方法がこれから数多く見られるようになると思います。

他社委託と自社経理の融合イメージ

 

私たちの日常は弥生会計、会計王、ツカエル会計、弥生給与といった市販の会計ソフトを使ったお客様の所へ訪問することから始まります。
経理の処理に誤りはないか、勘定科目は正しい使い方をしているか、などのアドバイスをはじめ、その数字に基づいた経営相談や様々なご相談に応じております。
ここ数年はコンサルタントの先生とも協力して、経営方針のアドバイスや経営を真摯に学びたい会社様を対象としたセミナーを年間通じて開催しております。
私たちは経営を真摯に考える経営者の皆様に寄り添って伴走し、お客様のビジョンを実現するお手伝いをしています。

対象エリア:柏市、野田市、我孫子市、流山市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、土浦市、つくば市、守谷市、竜ケ崎市、三郷市、八潮市、東京23区

閉じる