加賀計算センター行動計画

経営理念とは・・・

自社経理のススメ

会社の経営について

古い弥生会計のデータ をコンバート致します

会社情報

会社の経営について ~基本的な考え方~

会社と経営について

1.仕事  社会システムの中の分業の一つを請け負っている。

社会システムの中の分業の一つを請け負っている。

社会に必要のないものは無くなる。

必要性が変化すれば分業の形も変わり、
仕事内容も変化する。


2.会社は、仕事を組織的に請け負う集団

会社は、仕事を組織的に請け負う集団

人が集まった組織だからそれを束ねることが重要になる。
人は解釈によって生きている。
解釈違いによる誤解、だからコミュニケーションは大事になる。


3.お金 社会の分業システムを円滑に行うための道具。お金が分業システムを確立した。

食べていくと一口で言っても、下記の分業システムによって支えられている。

分業システム

経営について

上記の基本的な見方から会社の運営を考えます。

1.
仕事から、社会の誰に対して、どんな仕事をしているのか(分業の明確化)
そして顧客は誰なのかなど活動目的を明確にする。(理念)
2.
社長は集団を束ねるリーダーとして自覚。
どんな組織にして上記1に対応していくのか。(目的の浸透、目標・計画の設定)
効率的に動ける組織なのか?
3.
分業システムを円滑に動かしているお金の大事さを知る。
 

私たちの日常は弥生会計、会計王、ツカエル会計、弥生給与といった市販の会計ソフトを使ったお客様の所へ訪問することから始まります。
経理の処理に誤りはないか、勘定科目は正しい使い方をしているか、などのアドバイスをはじめ、その数字に基づいた経営相談や様々なご相談に応じております。
ここ数年はコンサルタントの先生とも協力して、経営方針のアドバイスや経営を真摯に学びたい会社様を対象としたセミナーを年間通じて開催しております。
私たちは経営を真摯に考える経営者の皆様に寄り添って伴走し、お客様のビジョンを実現するお手伝いをしています。

対象エリア:柏市、野田市、我孫子市、流山市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、土浦市、つくば市、守谷市、竜ケ崎市、三郷市、八潮市、東京23区

閉じる